採用担当メッセージ

 
 

 学生の皆さん、当金庫に興味を持っていただき、採用情報の本ページを見ていただきまして、ありがとうございます。理事長メッセージをはじめ、実際に働いている先輩の声など、“ろうきん”についてより知っていただけるよう採用情報ページを作成しました。皆さんが“ろうきん”に興味を持っていただき、働いてみたいと思って貰えたら幸いです。

 

 “ろうきん”は労働組合や生協の皆さんがお互いに助け合うために作った、営利を目的としない、日本で唯一の福祉金融機関です。1950年に日本に最初の“ろうきん”が誕生し、70年経過した今日においても、“ろうきん”は、働く人たちの暮らしを支え、快適で過ごしやすい社会づくりに寄与することを目的としています。

 

 “ろうきん”では会員の皆さんが、お互いに助け合うために出しあった大切な資金を共有財産とし、住宅・結婚・教育資金など、皆さんとその家族の生活を守り、より豊かにするために役立てられています。利用しあうことで運営し、そこで生まれた利益を、利用しやすい商品やサービスとして利用者に還元しています。

 

 つまり「人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与する」と定めた「ろうきんの理念」を実現するために、会員の皆さんと協力しながら、働く人を支え、幅広い活動で社会の発展に貢献しています。

 

 そのため、“ろうきん”で働く役職員は、常に地域やお客様のことを第一に考え、福祉金融機関の職員としてやりがいをもって働いています。

 

 入庫すると本部での新入職員研修(2週間程度)を経て各支店に配属されます。支店配属後は先輩方から指導を受けながら業務を習得していきます。また、FP等資格取得のための通信教育や、銀行業務検定の支援等、スキルアップのための制度も充実しています。最初は覚えることが多く大変なこともありますが、その経験の一つ一つが皆さんの力となり、積み重なって、働く人たちの豊かな生活形成や地域の発展に繋がっていきます。

 

 私たちは、お客様に「心から必要とされる福祉金融機関」を目指しております。

 地域社会への貢献や、働く人の生活に寄り添い笑顔にあいたい、私たちはそのような想いで働いています。皆さんも日本で唯一の福祉金融機関である“ろうきん”で一緒に働いてみませんか。

 

 

役職員一同、心よりお待ち申し上げております。

ページのトップへ