観光業をつつむ共助の「輪」支援策に係るバスツアーの実施について

  1. 観光業をつつむ共助の「輪」支援策に係るバスツアーの実施について

2021年11月25日
沖縄県労働金庫

各位

 沖縄県労働金庫(理事長 高良恵一)は、新型コロナウイルス感染症によって人の往来が減り影響を受ける観光業への支援や外出自粛要請で運動会等の行事が中止となった影響を受ける子ども達の笑顔のために観光バスを利用した「芋ほり遠足」ツアーを会員団体所属の保育園を中心に提供する「観光業をつつむ共助の『輪』支援策」を実施しております。
 支援策に係るツアーの企画や観光バスの運行を当金庫会員団体の旅行会社やバス会社とし、助け合い・支え合いの気持ちがこもった資金を沖縄県内で循環させ、共感・共助の輪を広げ、福祉金融機関として機能を発揮してまいります。
 なお、当初予定していた応募数を上回る申し込みがありましたが、申し込みいただいた全ての保育園を提供対象としています。

 

 

1.ツアー数(バス運行数)
  77ツアー

  

2.参加保育園数
  
59団体

 

3.「芋ほり探検隊」として出発した園児の様子20211124日)
  子ども達は、大はしゃぎで観光バスに乗ってお芋ほりへ向かいました

 

以上

【本件に関するお問合せ先】
沖縄県労働金庫 経営統括部
経営企画課 担当:松村
TEL:098-861-1196

お客さま相談デスク

  • 0120-602-040
  • 受付時間(月曜日~金曜日9:00~17:00)
    ※当金庫の休業日を除く

ページのトップへ